リンク

本サイトで使われた『兵庫県生活復興調査』の報告書と関連論文をご紹介いたします。

報告書

阪神・淡路大震災編

『兵庫県生活復興調査』 2005
http://www-drs.dpri.kyoto-u.ac.jp/publications/DRS-2005-02/index.html
『兵庫県生活復興調査』 2003
http://www.drs.dpri.kyoto-u.ac.jp/publications/DRS-2004-03/index.html
『兵庫県生活復興調査』 2001
http://www.drs.dpri.kyoto-u.ac.jp/publications/DRS-2001-01/index.html
『震災後の居住地の変化とくらしの実情に関する調査』 1999
http://www.drs.dpri.kyoto-u.ac.jp/publications/DRS-1999-01/index.html

論文

兵庫県生活復興調査のまとめ編

『阪神淡路大震災から15年を経て〜わかったこと,変わったこと〜阪神淡路大震災からの復興』2010
http://www.jsnds.org/contents/shizen_saigai_back_number/ssk_29_3_303.pdf
『災害からの被災者行動・生活再建過程の一般化の試み―阪神・淡路大震災、中越地震、中越沖地震復興調査結果討究―』 2010
http://www.u-hyogo.ac.jp/shse/rkimura/10ISSS_Reo.pdf
『社会調査による生活再建過程モニタリング指標の開発-阪神・淡路大震災から10年間の復興のようす-』 2006
http://www.u-hyogo.ac.jp/shse/rkimura/06ISSS_Reo.pdf

兵庫県生活復興の調査編

生活再建7要素モデル
『Defining Recovery : 7- Element Model』 2007
http://www.fujipress.jp/finder/xslt.php?mode=present&inputfile=DSSTR000200060006.xml&xslparam=ref|jscript
『阪神・淡路大震災からの生活再建7要素モデルの検証』 2001
http://www-drs.dpri.kyoto-u.ac.jp/hayashi/paper/kay-isss2001.pdf
『阪神・淡路大震災被災者の生活再建課題とその基本構造の外的妥当性に関する研究』 2000
http://www.drs.dpri.kyoto-u.ac.jp/hayashi/isss/0034_isss_j_02_2000_tamura_etal.pdf
被災後のすまいの変遷
『Development of the Method of Estimating the Number of People at Evacuation Center in Case of Urban Earthquake Disaster』 2004
http://www.u-hyogo.ac.jp/shse/rkimura/04WCEE_Reo_1306.pdf
『阪神・淡路大震災のすまい再建パターンの再現』 2001
http://www.u-hyogo.ac.jp/shse/rkimura/01ISSS_Reo.pdf
『阪神・淡路大震災後の被災者のすまい再建における決定とその規定因に関する研究』 2000
http://www.u-hyogo.ac.jp/shse/rkimura/00ISSS_Reo.pdf
『阪神・淡路大震災後の被災者の移動とすまいの決定に関する研究』 1999
http://www.u-hyogo.ac.jp/shse/rkimura/99ISSS_Reo.pdf
生活復興感の測定
『阪神・淡路大震災からの生活復興3類型モデルの検証』 2003
http://www.drs.dpri.kyoto-u.ac.jp/hayashi/isss/0060_isss_j_05_2003_yamori_etal.pdf
被災後の家計・くらしむき
『How Much Family Financial Situation has Improved Eight Years after the KOBE Earthquake』 2004
http://www.u-hyogo.ac.jp/shse/rkimura/04WCEE_Tamura_1299.pdf
『阪神・淡路大震災の被災地における家計の変化』 2003
http://www.u-hyogo.ac.jp/shse/rkimura/03ISSS_Tamura.pdf
復興カレンダー
『Recovery and Reconstruction Calendar』 2007
http://www.fujipress.jp/finder/xslt.php?mode=present&inputfile=DSSTR000200060005.xml&xslparam=ref|jscript
『社会調査による生活再建過程モニタリング指標の開発-阪神・淡路大震災から10年間の復興のようす-』 2006
http://www.u-hyogo.ac.jp/shse/rkimura/06ISSS_Reo.pdf
『Clarifying the Life Reconstruction Processes of Victims of the 1995 HANSHIN-AWAJI Earthquake on the Psychological Timeline』 2005
http://www.u-hyogo.ac.jp/shse/rkimura/05ICDR_Reo.pdf
『被災者の主観的時間評価からみた生活再建過程-復興カレンダーの構築-』 2004
http://www.u-hyogo.ac.jp/shse/rkimura/04ISSS_Reo.pdf
復興パネル調査
『阪神淡路大震災被災者の生活復興過程にみる4つのパターン-2001年・2003年・2005年兵庫県生活復興パネル調査結果報告-』 2006
http://www.drs.dpri.kyoto-u.ac.jp/hayashi/isss/0118_isss_j_08_2006_kuromiya_etal.pdf
『Four recovery patterns from the Hanshin-Awaji Earthquake : Using the 2001-2003-2005 panel data』 2006
http://www.u-hyogo.ac.jp/shse/rkimura/06JNDS_Kuromiya.pdf
『パネルデータからみる阪神・淡路大震災被災者の復興-2001年・2003年兵庫県生活復興パネル調査結果をもとに-』 2005
http://www.drs.dpri.kyoto-u.ac.jp/hayashi/isss/0101_isss_j_07_2005_kuromiya_etal.pdf
生活復興モデルの検証
『Long-term Life Recovery Processes Among Survivors of the 1995 Kobe Earthquake : 1999, 2001, 2003, and 2005 Life Recovery Social Survey Results』 2007
http://www.fujipress.jp/finder/xslt.php?mode=present&inputfile=DSSTR000200060007.xml
『Long-Term Life Recovery Processes of the Survivors of the 1995 KOBE Earthquake : Casual Modeling Analysis of the HYOGO Prefecture Life Recovery Panel Survey Data』 2005
http://tatsuki-lab.doshisha.ac.jp/~statsuki/papers/ICUDR/Tatsuki_ICUDR1_paper_2005__Version%203_.pdf
『阪神・淡路大震災被災者の長期的な生活復興過程のモデル化とその検証:2003年 兵庫県復興調査データへの構造方程式モデリング(SEM) の適用』 2004
http://tatsuki-lab.doshisha.ac.jp/~statsuki/papers/ISSS/ISSS(2004).pdf
『Seven Critical Element Model of Life Recovery : General Linear Model Analyses of the 2001 Kobe Panel Survey Data』 2002
http://tatsuki-lab.doshisha.ac.jp/~statsuki/papers/Comparative%20Diaster%20Studies%20Workshop/SevenCriticalElementModel _2002_b.pdf